活ノ藤リサーチ・アンド・アドバイザリー 伊藤 敏憲

変化するSSのカーケアサービスの収益環境

伊藤 敏憲



カーディーラーなど異業種との競合が激化


カーケア事業で高い収益を上げていらっしゃるSS経営者の方々に足元の状況などをヒアリングさせていただいたところ、洗車、ワックス、コーティング、タイヤ販売などの収益に大きな変化は見られないものの、オイル交換や車検などの収益が落ち込んでいるケースが多いことが確認されました。一方、ボディリペア、自動車販売、レンタカー、カーリースといった新たな事業を収益化することができたケースが増えているようです。

オイル交換や車検の収益が落ち込んできた理由として考えられるのは、まず景気の長期低迷による影響、そして、カー用品販売店などの異業種、とりわけカーディーラーとの共同による影響が大きいと推察されます。

カーディーラーは、これまでも車を販売する際に、同時に車検や定期点検の勧誘を行うとともに、納車時や定期点検時などにボディやウィンドウなどのケアや部品類の交換サービスを行っていました。近年、カーケアのサービスメニューを充実させて、これらのサービスを常時提供するケースが増えています。自動車メーカーも系列ディーラーのアフターサービス事業を支援する動きを強めています。ドライバーを囲い込むためだけでなく、系列ディーラーの収益力向上策の一環として取り組みようになっているように思われます。

 

SSでは難しい自動車の構造の変化への対応


自動車の電子制御化や高性能化が進んだり、エンジンカバーが装備されているためボンネットを開けてもエンジンにすぐにアクセスできない車種が増えてきたりしていることもカーケア収益の減少につながっていると思われます。

私は、整備士ではありませんので実情は分かりませんが、自動車メーカーや部品メーカーのエンジニアに、エンジンやブレーキ周りは、メーカーの指定を受けていない修理工場やSSでは触ってほしくないと説明されたことがあります。電子制御化が進んだことなどから、補修したり部品を交換したりすることでかえって調子が悪くなってしまうことがあるからだそうです。

また、エンジンカバーは、エンジンの上部を覆うことによってエンジンからの放射音を低減するとともに、エンジンルームを装飾するために開発された製品ですが、専用の工具を用いないと簡単に開けられない構造になっている車種も出てきています。このような車種は、SSで提供できるサービスが限定されることになります。おそらく、今後このような車種が増えていくと予想されます。

自動車は、もはや機械製品ではなく極めて多数の電子部品によって構成されている電気製品になっています。このため、今後、メーカーやメーカーから認定された業者以外が修理や調整などのアフターサービスを行える範囲がさらに限定されるようになる可能性が高いと考えられます

 

SSの経営改善余地はまだ十分にある


しかしながら、車のどのように変わったとしても、ボディ、ウィンドウ、タイヤ、ホイール、ワイパーなどは目視するだけで状態を把握できますので、洗車や、ボディ・ウィンドウ・ホイールなどのコーティング、塗装・傷・へこみなどのリペアは高収益化を図りやすいサービス分野と思われます。

残念ながら、車の台数が変わらなくても、SSの総数は減少し続けると考えざるを得ません。しかしこれは、1SS当たりのカーケア収益を拡大できる可能性が十分にあることを意味します。SSの経営改善につながる努力と創意工夫の余地はまだ十分にあると思われます。

バックナンバー
2013/02/17  「シェールガス革命」の幻想
2013/01/16石油業界は機器の普及拡大にもっと積極的に取り組むべき
2012/12/20新年は石油業界の将来を左右する節目の年に
2012/11/20ドバイ原油は当面90〜120ドルで推移する見込み
2012/10/15 今年の冬も北海道を中心に不安なエネルギー事情が続く
2012/09/15 石油の復権を図るために需給両面で対策を
2012/08/15 急激に悪化した石油元売の4〜6月期決算
2012/07/20 実現性が疑われる需給見通しの意味するものは?
2012/06/20 エネルギー政策の議論を乱す世論のゆがみ
2012/05/20 固定価格買い取り制度の開始で太陽光発電の導入さらに加速へ
2012/04/20 不当廉売は何も生み出さない
2012/03/20 仕切り価格算定方式の修正を提案
2012/02/20 変化の兆し
2012/01/20 「新年の取り組みいかんで将来が大きく左右される」



会社案内個人情報著作権リンクポリシー
本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。
著作権は泣}ジカルネットワークまたはその情報提供者に帰属します。

Copyright (C); 2012,
Magical Network Inc. All Rights Reserved.