石油人必見!!業界斬り

7月JX子会社一光スタート、フリート網の再構築だけでなく系列SS減らしにまで波紋が?


 JX日鉱日石エネルギーがフリート大手の一光を子会社化にして、7月から新たなスタートを切る。5月末に一光の全株式をJXエネルギーが買収することを発表してから1か月あまり、その波紋は依然として広がっている。「一光の自社所有でENEOSマーク以外のサインポールを掲げていた物件も、7月からENEOSマークへと変更、他社元売の社有物件については返還することになるが、これまでENEOSマークで商売をしていた販売店、中堅特約店にとっては、7月から同一商圏内での同一マークでの競争になるだけに、その心境は穏やかではないだろう。


 業界関係者のひとりは「
JX日鉱日石エネルギーが一光を子会社にしたことで、大規模なトラックステーションが他社マークから、ENEOSマークへと変更する結果、周辺の中小零細な同系列SS(販売業者)は自然と淘汰の道をたどるのではないか。これこそ究極のSS減らしだろう-といわれても仕方がないのではないか」と大胆な推測をする。現在、JX系列のSS11,000カ所を超えているが、2年前の統合スタート当初、同社の関係者は「10,000

カ所が適正規模」と伝えていただけに、今回の一光買収劇はSS減らしにもつながる-と解釈する業界人もいる。


 その一方で関心が高いのが一光の販売店の動向だ。一光の販売店は40カ所程度あるといわれているが、そのまますんなりと全てが
ENEOSマークになるかどうか-が注目されている。「一般的な見方では一光の販売店は販社のENEOSフロンティアかジョモリテールサービスの傘下になるのではないか?ということだが、その成り行きは…」と耳目を寄せている。JX日鉱日石エネルギーが一光を子会社化し、いよいよスタートするが、フリート販売網の再構築、再編成だけでなく、JX系列のSS減らしにまでその波紋が広がりをみせている。

【維  新】 (1) 物事が改まって新しくなること。 (2) 明治維新の略。

【以心伝心】 (1) 禅家で、言語では表されない真理を師から弟子の心に伝えること。
                 (2) 思うことが言葉によらず、互いの心から伝わること。

【維新伝心】 (1) 石油ネットによる造語で、HP連載のタイトル。
                 (2) 物事が改まって新しくなる様や世の中の真理を、心から心に伝えようとするホームページ上の試み。

>>維新伝心のバックナンバーはこちら<<
2012.06/10付け JXエネルギー一光買収劇はフリート業界再編成のはじめの一歩
2012.05/25付け 28日に木村康石油連盟会長就任 どうなる販社の社名変更

2012.05/10付け 色分けされたJX首脳人事 木村社長のホールディング会長兼務の理由は?
2012.04/25付け 厳しい業界環境 業界団体会長の席に固執する理由は?
2012.04/10付け コスモトップ交代は既定路線通り JXは5月に首脳人事決定か
2012.03/25付け 子は親の背中をみて育つ 石油業界もご同様
2012.03/10付け JXグループ形成は旧日本石油の野望の集大成
2012.02/25付け JXエネルギーの支店編成替え延長の理由は?いい迷惑な販社の不正車検
2012.02/10付け 東京電力の白馬の騎手は

2012.01/25付け 今年の販売戦略よりも気になる特約店選別策?
2012.01/10付け 2012年スタート JXエネルギー販社統合にはまだ時間がかかる
2011.12/25付け 石油業界は絆とは無関係? 元売好決算…系列経営は青色吐息
2011.12/10付け JXエネルギー支店体制改定で系列から不満の声も
2011.11/25付け 対岸の火事ではない読売ジャイアンツの内紛劇 150の3ケタがキーワード?
2011.11/10付け 出光興産が徳山製油所の原油処理停止 どうなるJXエネルギー室蘭
2011.10/25付け エネ庁ヒヤリング 元売の本音と建前が露呈か
2011.10/10付け ガソリン需要減退で弱肉強食時代の到来
2011.9/25付け 再び問われるブランド料問題

2011.9/10付け がんばれENEOS野球部 支店関係者は対応に苦労?
2011.8/25付け JXエネルギー 進むSSの集約統合 社有減少度合いがキーワード



会社案内個人情報著作権リンクポリシー
本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。
著作権は㈲マジカルネットワークまたはその情報提供者に帰属します。

Copyright (C); 2012,
Magical Network Inc. All Rights Reserved.