石油人必見!!業界斬り

緊張感の足りない元売、相次ぐ製油所トラブルで系列業者も呆れ顔

 

 石油業界、とりわけ元売(メーカー)は緊張感が足りないのではないか-と声高に指摘する業界関係者もいる。6月末に太陽石油の菊間製油所でのトラブル、そしてコスモ石油では千葉製油所でのアスファルト流失事故にとどまることなく、最大手のJX日鉱日石エネルギー水島製油所の安全点検の虚偽、さらには出光興産千葉製油所の火災事故など、この一カ月で立て続けに製油所のトラブルが発生している。

 

 JX日鉱日石エネルギーは「水島製油所における高圧ガス保安法に基づく保安検査の不備」と称したお詫びコメントを発表しているが、2000年からこれまでの間、12年にわたって虚偽の保安検査記録を作成していたことが明らかとなった。当時の運営はジャパンエナジーだが、経営統合後も続いていたということで、「当時のジャパンエナジーにばかり責任を押しつけるのはできないだろう」との声もある。

 

 そして今度は出光興産千葉製油所での火災トラブルが発生、石油会社のトラブル枚挙に暇がない-とまでいわれる結果にもなっている。系列業者の中からは「SS店頭では危険物を取り扱っているという緊張感を常に持って接客対応をしているが、最近の元売(メーカー)は少し緊張感が足りないのではないか」という厳しい声も高まっている。

 

 「JXエネルギーの水島製油所、出光千葉製油所のトラブルによって、需給タイト感が強まり、系列外ともいうべき業転玉の放出が減少すれば、ガソリン市況の正常化につながるのではないか」と期待感(?)抱く関係者もいる。「SS店頭でトラブルが発生すれば、来店客からの信頼、信用を失墜することになり、死活問題にまでつながりかねないが、相次ぐ製油所のトラブルを機にメーカー自身、緊張感を持ちながらの対応を求めたい」といった正論が広まりをみせている。

 


【維  新】 (1) 物事が改まって新しくなること。 (2) 明治維新の略。

【以心伝心】 (1) 禅家で、言語では表されない真理を師から弟子の心に伝えること。
                 (2) 思うことが言葉によらず、互いの心から伝わること。

【維新伝心】 (1) 石油ネットによる造語で、HP連載のタイトル。
                 (2) 物事が改まって新しくなる様や世の中の真理を、心から心に伝えようとするホームページ上の試み。

>>維新伝心のバックナンバーはこちら<<
2012.0710付け JX日鉱日石エネルギー・一色体制スタート ゴールデン・クロ・バットとは 訪れた都市対抗野球シーズン
2012.06/25付け 7月JX子会社一光スタート、フリート網の再構築だけでなく系列SS減らしにまで波紋が?

2012.06/10付け JXエネルギー一光買収劇はフリート業界再編成のはじめの一歩
2012.05/25付け 28日に木村康石油連盟会長就任 どうなる販社の社名変更

2012.05/10付け 色分けされたJX首脳人事 木村社長のホールディング会長兼務の理由は?
2012.04/25付け 厳しい業界環境 業界団体会長の席に固執する理由は?
2012.04/10付け コスモトップ交代は既定路線通り JXは5月に首脳人事決定か
2012.03/25付け 子は親の背中をみて育つ 石油業界もご同様
2012.03/10付け JXグループ形成は旧日本石油の野望の集大成
2012.02/25付け JXエネルギーの支店編成替え延長の理由は?いい迷惑な販社の不正車検
2012.02/10付け 東京電力の白馬の騎手は

2012.01/25付け 今年の販売戦略よりも気になる特約店選別策?
2012.01/10付け 2012年スタート JXエネルギー販社統合にはまだ時間がかかる
2011.12/25付け 石油業界は絆とは無関係? 元売好決算…系列経営は青色吐息
2011.12/10付け JXエネルギー支店体制改定で系列から不満の声も
2011.11/25付け 対岸の火事ではない読売ジャイアンツの内紛劇 150の3ケタがキーワード?
2011.11/10付け 出光興産が徳山製油所の原油処理停止 どうなるJXエネルギー室蘭
2011.10/25付け エネ庁ヒヤリング 元売の本音と建前が露呈か
2011.10/10付け ガソリン需要減退で弱肉強食時代の到来
2011.9/25付け 再び問われるブランド料問題

2011.9/10付け がんばれENEOS野球部 支店関係者は対応に苦労?
2011.8/25付け JXエネルギー 進むSSの集約統合 社有減少度合いがキーワード



会社案内個人情報著作権リンクポリシー
本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。
著作権は㈲マジカルネットワークまたはその情報提供者に帰属します。

Copyright (C); 2012,
Magical Network Inc. All Rights Reserved.