昭和シェル石油、2017年賀詞交歓会を開催

 

 

 昭和シェル石油は1月6日、都内のホテルで首都圏支店・関東支店・本社管轄の特約店を対象にして、新年賀詞交歓会を開催。総勢500名の関係者が参加した。


 亀岡剛代表取締役社長GCEO、小林正幸執行役員石油事業COOらの年頭挨拶、森下健一常務執行役員の販売方針説明、吉岡勉執行役員首都圏支店長、渡邊信彦関東支店長らの活動方針説明が行われた。来賓として早山新潟昭和シェル会会長が挨拶。特約店永年取引表彰(90年1社、60年1社、50年11社)及び、SRM1級認定者6名、一級潤滑士2名の紹介と認定証授与式も重ねて行われた。

 

昭和シェル石油幹部の年頭挨拶並びに方針説明は下記の通り

 

亀岡剛代表取締役社長GCEOの年頭挨拶


昨年は英のEU離脱、米国大統領選、参加全195カ国合意によるパリ協定発効など、これまでの世の中の枠組みが崩壊し、世界は“転換局面”を迎えている。このような局面では過去からの延長線上の考え方は通用せず、フォアキャスティングだけでなくバックキャスティングの考え方で、なすべきアクションを考え、実行することが必要である。なすべきアクションには、しっかりとした軸が必要になります。


当社グループの経営理念“私たちのエネルギーで未来を元気にします”には、5つの杜(活動規範)がある。「持続的成長」を続けることで「社会的使命」である安定供給を実現していくため、ICT(情報通信コミュニケーション技術)の活用など、今後も「先進性」のある商品サービスを具体化していくとともに、現場がもつ「活力」を大事にしながら「顧客志向」でアクションしていく。軸として変わらない事は特約店主義のもと特約店様と協働でこれらを実現していく事です。


需要が減少していく中でエネルギーの安定供給を守っていくためには強い経営基盤が必要であり、そのために出光興産さんとの経営統合は不可欠だという考えは変わっていません。統合延期は大株主を始め、多くのステークホルダーから賛同いただく事が必要で、理解を得るためです。この経営統合は必ず成し遂げます。


HSSE、コンプライアンスは当社グループの持続的成長のベースであり、何よりも最優先して引き続き取り組んでいきます。今年のHSSEスローガンは“小さな手抜かり大きな後悔 不断の注意が我が身を守る”で、これを皆様の各現場において徹底していただきたい。

 



小林正幸執行役員石油事業COOの年頭挨拶


 昨年までの原油価格と需給の動向を振り返り、これから先も不透明な状況が続くことが想定される中で、市場の動向を見ながら足元のビジネスを粘り強く実施していく必要があります。


 これから10~15年先のビジネスを考えていく上でのキーワードは「環境規制」と「技術革新」。この2つの要素により自動車は進化し、提供するサービスも変化していくでしょう。こうした激しい環境変化の中、今後を見据えた準備を特約店の皆様と協働して対応していきたい。いかなる状況でも全ての活動において、HSSE・コンプライアンスが基盤であることを忘れてはいけません。

 



森下健一常務執行役員の2017年販売方針説明


 主燃料部門では、従来から特約店と協働して「圧倒的な顧客満足獲得」に向けて取り組んできました。業界環境が大きく変化する状況においても、これを継続・徹底することにより私たちはお客様から選ばれ続けるグループであり続けましょう。2017年はフォアキャスティング思考で、これまで取り組んできた差別化施策を更に進めていきます。同時に将来のあるべき姿を予測し、そのために今やるべきことを考えるバックキャスティング思考から導き出された施策です。つまり、変化する社会インフラとの連携やSS労働環境の変化への対応する施策の第一歩を踏み出す年になります。今後、SSなどの現場では、お客様との接点が一層重要になってくると考えており、この接点強化に向けて新プログラムを提供していきます。需要家向け中間留分の販売においても、お客様との接点強化の観点から人材育成をサポートし、安定販路確保とともに収益力向上に一体となって取り組んでいきます。


 潤滑油、舶用油アスファルト販売においては、成果拡大に向け特約店の皆様の現場での提案力を更に高める取り組みも進めていきます。SSへの配送・荷下ろしでは、引き続き安全を大前提にして、効率的な配送サービスの提供に努めていきます。全ての活動の基盤となるHSSE関連の「事故ゼロ」を達成するべく、特約店の皆様と一丸となって取り組んでいきます。

 



吉岡勉執行役員首都圏支店長の活動方針説明


 2017年は特約店様との質の高いコミュニケーションを通じて、皆様の現場力が最大限発揮していただけるよう、昨年から掲げている「プロ意識」「自律考動」「情熱」に、意識・行動・習慣を変え、創意工夫重ねて個の力を高めていきます。加えて、切磋琢磨するチームや支店内の部門横断を実行し、活動の質を高めることを誓います。



 

渡邊信彦関東支店長の活動方針説明


 2014年以降、競争力強化にこだわって活動し、年々高いレベルで強化できています。私たちは(特約店の皆様との)Face to Faceを原則とした「本音の協議」と、決めたことを必ず「やり抜く(GRIT)」スタンスで、皆様と一体となって取り組んでいきたい。支店メンバー一丸となって、明るく、元気に、特約店の各現場で活躍されている皆様が一層成果を発揮できるよう貢献していきます。





会社案内|個人情報|著作権|リンクポリシー
本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。
著作権は㈲マジカルネットワークまたはその情報提供者に帰属します。

Copyright (C); 2017,
Magical Network Inc. All Rights Reserved.